「未病総研ブランド100」の応募規定について

地球の温暖化、気候変動それにコロナ禍により、世界は共通目的として社会の安定持続性SDGsが求められてきました。日本未病総合研究所では未病ケアに貢献する食品類・検査器具を広く高齢社会に広め「社会の環境、健康」に寄与する未病総研の認定マーク「未病総研ブランド100」を選定し、顕彰してまいります。

【応募資格】

未病とSDGsの意義の賛同する会社

【応募手続】

【第一次書類審査】
第三者機関である査読のある学術系雑誌の有識者審査委員会による論文審査をもって行います。「安全性」「機能性」「適正価格性」「SDGs性」を提示ください。

なお論文が未作成の場合は、有名学術雑誌である「日本未病学会雑誌」「動脈硬化学会雑誌」「日本臨床検査医学学会雑誌」「紀要雑誌:未病と抗老化」等未病に関連ある学術雑誌に掲載されるよう推薦いたします。

ア)貴企業の未病ケア商品にあった学術雑誌の選択、相談、アドバイスをいたします。
イ)各学会雑誌投稿規程に準拠した書き方の紹介、説明をいたします。
ウ)困難な論文作成の場合、指導・アドバイスを行います。

【第二次発表審査】
第一次書類審査を通過した論文につき、第二次審査を日本未病総合研究所認定審査会議(5名の審査委員の前で発表。ただしオンラインにて開催、約15分のプレゼンテーション)で行います。第三者機関である査読のある学術系雑誌等の厳粛公正な審査を受けるダブル審査のため、信用性の高さが保証されています。

日本未病総合研究所の推奨認定は、第三者機関である日本未病学会等の厳粛公正な審査を受けるため、信用性の高さが保証されています。

【持ち込み論文方式】
既に査読のある第三者学術機関での論文審査、作成が行われている未病ケア商品に関しては第一次審議を経ることなく、第二次審議により認定マークを交付いたします。この場合、既成論文の提示を求めます。

特典

「未病総研ブランド100」に認定されると、商品パッケージやパンフレットに認定マークを表示できます。

認定商品を未病総研のHPや連携の業界紙紙上で紹介します。選考審査学術雑誌ばかりでなく、未病総研関連諸学会誌に広告として掲載を紹介します。

未病総研主催の販売促進セミナーで、商品開発者の講演、当未病総研より紹介講演を行います。

日本未病学会はじめ各学術大会での発表参加に推薦・応募指導を行います。

未病ケア認定商品を、未病総研関連企業へ紹介します。

認定に係る諸費用

審査料は1商品当たり1万円(税別)です。

認定を受けると認定証が交付されます。

認定期間は認定日より1年間です。

商品やパンフレット等に認定マーク(ロゴマーク)を使用する場合は法人賛助会員の資格が必要です。法人賛助会員の年会費は10万円(税別)です。

未病関連学術雑誌等の論文掲載には各学会に準拠した別途費用がかかることはご了承ください。

(2022年9月改訂)


査読のある学術雑誌を扱う未病関連学会及び紀要

  • 日本未病学会雑誌
  • 動脈硬化学会雑誌
  • 日本臨床栄養学会雑誌
  • 日本臨床検査学会雑誌
  • 紀要:未病と抗老化
  • 日本薬学学会雑誌
  • 日本看護学会雑誌
  • 日本老年医学学会雑誌

 

タイトルとURLをコピーしました