ニュース

「房総のむらで森林浴」が大好評で開催されました。

5月22日(日)未病総研、森林医学研究会、CSももが主催する「房総のむらで森林浴」が千葉県印旛郡栄町にある千葉県立房総のむらで開催されました。
この場所は未病総研大舘執行役員の地元であり、今回の企画を準備、実行してくれました。感謝です。

当日の朝まで雨が降っており、お天気が気になりましたが開催時間には晴れ間が出る絶好のお天気のもと45名の方が参加されました。
未病総研からは13名が参加しました。

福生先生の未病総研の紹介、現代未病の説明で始まり、次いで日本医科大学の李卿先生による森林浴の効果などデータに基づいたお話がありました。
森林浴が免疫機能を増強してがんの予防効果やストレスの軽減、うつ病や高血圧や心臓病の予防効果があり、新しい健康増進、疾病予防法として注目されているという報告がありました。

続いて未病サポーターの李節子さんの「胸腺ノック」を取り入れた準備体操の後、3つのコースに分かれて森林浴を楽しみました。
各コースではボランティアのガイドの説明を受けながら日本最大の方墳と言われる「岩屋古墳」や「学習院初等科の正堂」などを約1時間半かけて森林浴とウオーキングをしました。

コロナ禍で運動する機会が減っている中で久しぶりの運動に皆さん大満足の様子でした。

未病総研ではこれからもこのような未病ケア企画を実施していきたいと思います。

報告:早乙女和雄

 


未病ケアの実践/胸腺ノック法

mibyoucare

2022年第1回未病連携ミーティングが開催されました。

2022年最初の未病連携ミーティングが2月21日(月)オンラインで開催されました。

当日は未病を活動理念に掲げている異業種の16名の方のご参加をいただいて、未病総研と参加者の皆様や参加者相互のコミュニケーションが活発に図られました。

まず未病総研から2022年度の活動計画が発表されました。
最初に「令和4年版未病サポーター研修」の内容が事務局長の早乙女から説明がありました。
未病サポーター研修の修了者が既に101名を越えていることと令和4年版から「実践的な未病対策(食事と栄養)」をテーマに管理栄養士の田所明美先生が吉岡先生に代わって講演することの説明がありました。

続いて大舘執行役員から「森林浴・未病フォーラム」の説明がありました。
千葉県の房総のむらにおいて、5月22日(日)に森林浴と日本医大李卿先生、福生代表理事による未病と森林浴のお話が予定されています。
森林浴が未病ケアに有効であるエビデンスはあります。

詳細は後日ご案内しますので是非ご参加ください。

そのあと福生代表理事より「未病総研としての2022年」という総括報告があり、前述した施策に加えて7月31日(日)に開催予定の「未病総研LABミーティング」の説明がありました。
LABミーティングは「未病総研ブランド100アワード」として人生100歳時代と少子高齢化社会が進行する中で、「社会に健康に導く未病ケア食品とは何か」が求められています。
その切り口としてSDGsをキーワードにして進化する健康食品を探っていこうというフォーラムです。
当日はコメンテーターとして吉田博日本未病学会理事長、長岡功順天堂大学特任教授、矢澤一良早稲田大学ヘルスフード科学部門長をお招きして認定商品の講評をしていただきます。後日詳細をご案内しますのでお待ちください。

その後参加者の皆さんお一人づつ会社やご自身の日頃より積極的に未病普及、推進活動の報告がありました。皆様の活動に未病の広がりを確信できました。

未病連携ミーティングは今年度も数回開催を予定しています。多くの皆様にご参加いただきますようお願いいたします。               (報告:早乙女和雄)

 


未病と抗老化

「未病と抗老化」 研究論文 募集(公募)(令和4年度)

博慈会 老人病研究所では2022年度の研究論文の募集を行います。
今回はコロナ禍からの脱却を願い、「人生100歳時代を念頭にした抗老化」に焦点を合わせた論文を募集いたします。
採用されました論文は「未病と抗老化」(Vol.31. 2022)に原著として掲載いたしますので奮って応募をお願いいたします。
未発表の邦文論文を募集いたします。(査読あり)

<研究論文テーマ>
1. エビデンスとしての抗老化研究
2. SDGsとしての抗老化研究について
3. 2035年に向けた超高齢社会における医療システムの持続に関する研究
(社会保障、医療経済、ICT活用など、超高齢社会システムの構築提案も募集致します)
<優秀論文の選定>
応募されました論文は査読・審査を行い、優秀論文を掲載させていただきます。
ダ・ビンチ賞の設定(助成)があります。(掲載印刷費は無料で行います)
<応募方法>
申し込み希望者は、下記 博慈会老人病研究所雑誌編集係まで FAX または E-mail にて、氏名・所属・ご住所をご記入の上、令和4年4月30日までにご請求下さい。所定の申込用紙を、ご送付いたします。又は、HPより申込用紙をダウンロードして下さい。
<応募締切日>
令和4年7月31日(当日消印有効)
<査読・編集>
送られました原稿は全国の専門査読者に渡り、個別に査読・校正を行います。
<選考結果発表通知>
令和4年 9月下旬   ※文書にて通知いたします。
<刊行について>
専門雑誌「未病と抗老化」を刊行し、厚生労働省・文部科学省はじめ全国の医学系大学図
書館・主要研究所ならびに未病産業界に無料配布いたします。
<応募宛先>
〒123-0864 東京都足立区鹿浜5-11-1
一般財団法人 博慈会 老人病研究所 <未病と抗老化> 編集係
TEL : 03-3857-7911 FAX : 03-5825-4888
E-mail : r-kenkyusho@ninus.ocn.ne.jp
U R L : http//www.hakujikai.or.jp(博慈会老人病研究所で検索して下さい)

一般財団法人 博慈会 博慈会記念総合病院附属 老人病研究所 所長 福生 吉裕


「未病連携ミーティング」(12月13日開催)の記事が掲載されました。

ヘルスライフビジネス紙(2022年1月15日号)


社会に責任を持つ「未病」のための連携ミーティングが開催されました

12月13日(月)日本医科大学橘桜会館で未病連携ミーティングが開催されました。

当日は未病を理念に掲げていたり、関心のある企業、個人の方25名の参加をいただきました。
オープニングリマークで未病総研福生代表理事から未病総研の考え方や活動内容、未病をWHOに認知させる活動を始めることなどの報告がありました。
また来賓として日本医科大学リハビリテーション学分野臨床教授の李 卿先生も参加され、森林浴と未病の連携についてお話がありました。
そしてご参加の皆さんの未病への取り組みが報告され、それぞれの立場での未病への取り組みが表明されました。
フリーディスカッションでは未病をより多くの方に普及させる方法などが議論されました。
未病についての認識が広がり、未病という状態が明確化しだした現在、未病関連グループとして力を合わせて社会にアピールする時期になりました。
そんな時代背景のもと、未病を普及、推進するために何が出来るかがディスカッションされ、SNSの活用などのご提案をいただきました。
終了後も参加者の皆様の間で名刺交換や情報交換が行われ、盛会のうちに終了しました。

 

報告:日本未病総合研究所 早乙女和雄


社会に責任を持つ「未病」のための連携ミーティングのご案内

少子高齢社会それにコロナ禍により健康維持に関するシステムは大きく変わろうとしております。さらに“自覚症状のない時期から感染をさせる“新型コロナウイルスの出現により、世界の健康維持システムは大きな衝撃と撹乱を受けました。

お陰で「未病」という状態の存在が大きくクローズアップされだしたのは確かです。
日本未病総合研究所は、私が理事長をしておりました「日本未病学会」と強い連携を持ち、「現代未病」の概念を普及し、社会に実践していくことを目的に3年前に立ち上がりました。現在10社の企業が賛助会員として活動をしています。

未病という状態の存在が明確化しだした現在、さらに未病関連グループとして力を合わせ社会にアピールをしていく時期かと確信しております。

そこで、未病に関心をお持ちの御社と連携し、共同補完関係でウイズ&ポストコロナの時代を一緒に開拓していければ幸いです。

今回、この「未病」普及のための選別連携ミーティングを下記の通り開催いたします。

この活動はSDGsの3番目の目標にある「国民の健康と福祉」に合致し、SDGsへの貢献に結び付きます。

どうぞ開催趣旨にご賛同いただき、ご参加いただきますようご案内申しあげます。


 

日時:2021年12月13日(月)午後2時~午後4時(2時間)

場所:日本医科大学 橘桜会館会議室 東京都文京区向丘2丁目20−7 MAP

募集人数:コロナ対策での定員15名(セミクローズhttp://東京都文京区向丘2丁目20−7ド)

参加費:2,000円(資料代・税込)

プログラム

14:00 開会挨拶 「‶未病de100歳“にチャレンジ」

日本未病総合研研究所代表理事 福生吉裕

14:30 参加企業から「自社の未病の取り組み」1社5分~10分 発表

15:30 今後の未病活動についての抱負と連携についてのフリーディスカッション

16:00 閉会

参加申込先:未病総研事務局(担当:早乙女) 090-7718-6611まで

FAXでの申し込みはこちら

フォームでの申し込みはこちら

HP: https://www.mibyou-united.org

新型コロナ感染流行状況によって開催を中止する場合もありますので予めご了承願います。

 


「未病de100歳ピンバッジ」販売のご案内

未病総研ではスローガンとして「未病de100歳」を提唱しています。
超高齢社会を迎えて平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳(2019年)まで延びています。さらには100歳まで生きる人が多くなっています。(2021年現在86.510人)

健康で100歳まで生きることは理想ですが、現実には何らかの病気を抱えながら生活を送っていく人がほとんどでしょう。
しかし病気で100歳は困ります。
そこで未病の状態で100歳を迎えることを目標に「未病ケア」実行していただくことが大切です。
この目標を共有していただける人を多く作りたいとの思いで、「未病de100歳ピンバッジ」を作りました。
襟元にこのバッジをつけて、自分は未病で100歳まで生き抜くことを宣言してください。
さらには自分の周囲の方に未病で100歳まで生きていただきたい人にお贈りください。

サイズ:直径1.5㎝
特 徴:バッジに高精細な印刷加工をした後、表面にエキシボ樹脂をコーティングして仕上げています。
バッジ周囲に額縁のようなゴールドメッキの枠が立ち上がっています。
また板厚が厚く(1,4㎜)重厚感があります。
価 格:1,150円(バッジ@1,000円+郵送料@150円、税込)
1か所に2個以上送る場合の送料も@150円です。

お申込:事務局・早乙女までメールにて数量、送付先を記入の上お申込ください。

メール:sotome3@yahoo.co.jp

 


第1回未病総研オンライン異業種交流会が開催されました。

10月25日(月)に未病総研オンライン異業種交流会が開催され、申込された先着9名の方が参加されました。

また先日開催されました「未病総研LABミーティング」に、講師として参加いただきました西根英一先生、三井温熱の村上一徳さんが特別ゲストとして参加されました。
未病総研福生代表理事の挨拶で始まり、特別ゲストのお2人からは「健康経営」の補足説明があり、いろいろな場面で「健康経営」の認知が広がっているとの報告がありました。

その後、参加者の皆様の自己紹介がありました。
それぞれ業種も違う皆さんですが、ご自分の活動を通じて未病とのつながりが語られ、また他の方からアドバイスや情報を得たいとの想いが感じられ、参加者間の質疑のやり取りで盛り上がりました。

初めての交流会でしたが、「未病」というテーマのもとに参集された皆様の熱い思いが十分に感じられました。

「未病」の普及や理解は多くの業種の皆さんの力が必要です。
今回の異業種交流会が幅広い方々に「未病」を理解していただき、普及していただければ幸いです。

今後とも会員同士、会員と未病総研が活発な交流が図れるよう「異業種交流会」を続けていく予定です。
多くの方がご参加いただき、それぞれの業種や立場で「未病」の普及を図っていただくようお願いいたします。

報告:日本未病総合研究所 事務局長 早乙女和雄

 

 


未病総研オンライン名刺交換会(交流会)開催のご案内

先日の「未病総研LABミーティング」にご参加いただき有難うございました。
限られた時間でしたので、講演者へのご質問等が出来なかった方、また参加者間の名刺交換などのコミュニケーションを希望されていた方のために下記の通りオンライン名刺交換(交流会)を開催いたします。
先着10名様限定とさせていただきますが、是非ご参加賜りますようご案内いたします。


日時:2021年10月25日(月)午後3時~4時30分
募集人数:限定10名様(先着順)
申込方法:下記申込フォームからお申し込みください(終了しました

当日の内容:
①参加者の自己紹介(1人5分×10名=50分)
②当日の講師、福生吉裕先生、西根英一先生、三井温熱村上一徳様が参加されますので、当日出来なかったご質問や参加者間のフリートークなどができます。(40分)
なお参加者には当日ご参加の方の自己紹介入り名簿を配布いたします。
参加費:無料

ご不明な点は事務局(早乙女:090-7718-6611)までお願いいたします。


タイトルとURLをコピーしました