第1回「未病テック」コンテストが開催されました。

未病ケアにテクノロジーを組み合わせた「未病テック」。
その新進気鋭のコンテストが10月30日(月)15:00~17:00にオンライン形式で開催されました。
当日は学術委員として事業構想大学院大学特任教授 西根英一先生、東京大学特任教授
酒谷 薫先生、健康事業支援機構理事長 手代木秀一先生、日本未病総合研究所代表理事
福生吉裕先生、そして生活者代表委員として未病総研執行役員 大舘勝利、鎌田普明の5名の審査委員のもと3題の報告がなされ、一般視聴者も参加のもと公開審査形式で開催されました。

活発な質疑応答も行われ、緊張感のある中、血中遺伝子変異分析からの未病がんの推定、AI・ビックデータを活用した未病チェック、グレープフルーツ種子の消毒への効果などが報告され、次世代の未病ケアに向けてのテクノロジーが審議されました。
公開審査会を終えてその後審査会で慎重な審議が行われ、コンテストに参加した3商品は「未病テック」認定商品として承認されました。
「未病テック」コンテストや「未病ケア」コンテストは来年以降も実施いたします。
皆様の周りにコンテストに相応しい商品がありましたらご推薦ください。

「未病テック」コンテスト参加商品及び認定商品は以下の通りです。

1.「がんリスク評価検査 CanTect」
株式会社ジーンサイエンス

2.「健康無関心期を動かす、LINEで未病を数値化「WELL BE CHECK」
株式会社WELL BE INDUSTRY

3.「感染予防環境を提供するグレープフルーツ種子エキス シトラファイン」
ココチプラス株式会社

 

タイトルとURLをコピーしました